Swiper01
Swiper02
七島藺を生む、職人たち
昔ながらの手仕事の技

現代でも多少は機械化が進んだものの、手植え、手刈りはそのままで、気難しがり屋の七島藺のつぶやきに耳を傾けながらの農作業は江戸の昔となんら変わらない。

僅かな数しか製織出来ない七島藺は昨今の琉球畳ブームとは全く無縁である。無縁であるが本家本元は七島藺であることは間違いない。

しかし何故、本物を求める人たちは挙って七島藺を求めるのか?
目まぐるしく変わっていく日々の中で、昔ながらの手仕事で仕上げられた七島藺の畳の上には、置き忘れてきた時があるのかもしれない。

七島屋ブランドについて
使用事例
TOPへ